コンポーネント化を行う

共通の項目を洗い出した後で、コンテンツマネジメントサービスのコンポーネント化を行っていきます。組み合わせていくことによって、コンテンツマネジメントサービスにおけるテンプレートを完成させることができます。管理もしくは運用を進めていく時に、10個ほどテンプレートを絞り込んでいくといいでしょう。

ツールによって管理していくのが最適ではなく、導入する際に解決できる問題も検討していくべきです。共通部分のみでなく、個別で使っていくホームページのコンテンツも考えていかなければなりません。とりわけ企業のキャンペーンであったり、特集を組むページなどで管理を行う必要があります。極力ユーザーに対してストレスを与えていかないように構築することが重要です。またツールを活用してコンテンツマネジメントシステム全てを制御していこうと考えないようにしましょう。

部分的に最適化を図りながら、設計に対して考えていくようにしましょう。改修も後々できるように、共通する部分を慎重に検討していくようにしましょう。要件定義に関しても内容を考えつつ、それぞれの機能を決定していくことも必要です。そしてデータを最後に投入するので、完成後も円滑に運用できるように管理体制を敷いていくようにしましょう。

目的などを明確にする

ホームページの構築において目的を明確にしていきながら、コンテンツマネジメントシステムを導入していきます。成果もある程度定量化していきながら、ターゲットとなるユーザーを決めていきます。加えて相対するコンテンツマネジメントシステムの整理も実行していくようにしましょう。

プロジェクトの進行に応じながら、サイトの構造であったりホームページの設計を行うようにしましょう。文字制限など厳密に考えていきながら、コンテンツマネジメントシステムのツールを導入していくようにしましょう。肝となるのが導入する準備で、範囲を明確にしながら共通するコンテンツを決めていきましょう。その後コンテンツの管理者などと役割を明確にしていくようにしましょう。

承認フローを設けていない会社ならば、体制をしっかりと構築しなければなりません。敷居が高いケースもありますが、全く考慮していない部分をコンテンツマネジメントシステムのツールを導入することによって解消することもできます。ホームページに掲載していく情報を、常に一元管理させることも可能になります。メリットを活かしていきながら個々に更新していくのではなく、サイト内の情報全てを更新していけるようにしましょう。

完成までのフロー

制作する上で、従来のホームページ制作における流れとコンテンツマネジメントシステムは大きく違います。進め方を検討していきながら、本当に適している構築を進めていくようにしましょう。ホームページをリニューアルすることもありますが、失敗してしまうとプロジェクト全体に支障をきたしてしまいます。次世代型のホームページ制作として注目されているので、本格的に検討していく際には将来を見据えるようにしましょう。
また、WYSIWYG操作ができるコンテンツマネジメントシステムもあります。こちらは視覚的に操作ができるため、作業が簡単になるかもしれません。ホームページ制作に慣れていない場合はWYSIWYGエディタのコンテンツマネジメントシステムを検討してみるのもいいでしょう。

確実に進めるためにに、ホームページ制作と異なったフローを形成する必要があります。一般的なコンテンツマネジメントシステムを制作する時の流れとして、最初にコンテンツマネジメントシステムの方向性を決めていきます。如何にして企業における問題を解決できるか方法を検討していき、全体的なプロジェクトの方向性を決定していきます。

次に具体的なコンテンツマネジメントシステムを活用した戦略の確定を行いますが、ターゲットを決めた上でコンテンツを確定させていきます。構造を決めたところで具体的にコンテンツを考えていきます。内容を設計しながら、ベストなページを作成していきます。その後コンテンツマネジメントシステムの確定を行い、プロトタイプの作成に進んでいきます。仮説を検証しながら本格的なサイトを設計していき、テストなどを行った後でリリースされます。

コンテンツマネジメントシステムを構築

企業でコンテンツマネジメントシステムを導入していこうとする時に、失敗しないように押さえなければならないポイントが色々とあります。ホームページで実現したい目的をはっきりとさせておき、内容を決めながら構築をしていくようにしましょう。これによって売上げをアップさせていったり、優秀な人材の獲得などを目指していくことができます。決めておくことによってコンテンツマネジメントシステムの内容を決めていくこともできるため、選択肢を絞っていくこともできるでしょう。

ホームページの中で更新する必要がある部分を決めたところで、どのくらいの頻度で更新するか決めていきましょう。頻繁に更新を必要とするコンテンツだけでなく、少しだけ修正すれば問題ないケースもあります。頻繁に更新するコンテンツとして製品の紹介や、ニュースリリースそしてイベントに関するお知らせなどが該当します。さらに採用情報に関してセミナー情報や先輩社員の紹介も見つけることができます。一方少しだけ修正すれば問題ないコンテンツとして会社情報などがありますが、更新していくコンテンツをフォーマットで作っておくことも可能です。コンテンツマネジメントシステムを形成する上で、頻繁に更新するコンテンツはフォーマット化していくといいでしょう。

コンテンツマネジメントシステムを利用して更新する際に、担当者は誰か想定しておきましょう。部署によってはコンテンツマネジメントシステムに何度も入るケースが有ったり、数名が対応することもあります。負担も考えていきながら、コンテンツマネジメントシステムの導入が実現できるか見極めていくといいでしょう。