完成までのフロー

制作する上で、従来のホームページ制作における流れとコンテンツマネジメントシステムは大きく違います。進め方を検討していきながら、本当に適している構築を進めていくようにしましょう。ホームページをリニューアルすることもありますが、失敗してしまうとプロジェクト全体に支障をきたしてしまいます。次世代型のホームページ制作として注目されているので、本格的に検討していく際には将来を見据えるようにしましょう。
また、WYSIWYG操作ができるコンテンツマネジメントシステムもあります。こちらは視覚的に操作ができるため、作業が簡単になるかもしれません。ホームページ制作に慣れていない場合はWYSIWYGエディタのコンテンツマネジメントシステムを検討してみるのもいいでしょう。

確実に進めるためにに、ホームページ制作と異なったフローを形成する必要があります。一般的なコンテンツマネジメントシステムを制作する時の流れとして、最初にコンテンツマネジメントシステムの方向性を決めていきます。如何にして企業における問題を解決できるか方法を検討していき、全体的なプロジェクトの方向性を決定していきます。

次に具体的なコンテンツマネジメントシステムを活用した戦略の確定を行いますが、ターゲットを決めた上でコンテンツを確定させていきます。構造を決めたところで具体的にコンテンツを考えていきます。内容を設計しながら、ベストなページを作成していきます。その後コンテンツマネジメントシステムの確定を行い、プロトタイプの作成に進んでいきます。仮説を検証しながら本格的なサイトを設計していき、テストなどを行った後でリリースされます。