コンポーネント化を行う

共通の項目を洗い出した後で、コンテンツマネジメントサービスのコンポーネント化を行っていきます。組み合わせていくことによって、コンテンツマネジメントサービスにおけるテンプレートを完成させることができます。管理もしくは運用を進めていく時に、10個ほどテンプレートを絞り込んでいくといいでしょう。

ツールによって管理していくのが最適ではなく、導入する際に解決できる問題も検討していくべきです。共通部分のみでなく、個別で使っていくホームページのコンテンツも考えていかなければなりません。とりわけ企業のキャンペーンであったり、特集を組むページなどで管理を行う必要があります。極力ユーザーに対してストレスを与えていかないように構築することが重要です。またツールを活用してコンテンツマネジメントシステム全てを制御していこうと考えないようにしましょう。

部分的に最適化を図りながら、設計に対して考えていくようにしましょう。改修も後々できるように、共通する部分を慎重に検討していくようにしましょう。要件定義に関しても内容を考えつつ、それぞれの機能を決定していくことも必要です。そしてデータを最後に投入するので、完成後も円滑に運用できるように管理体制を敷いていくようにしましょう。